DIA-GT

DIA-GT

Cross Stitch Design Model

DIA-GTデザインの特徴

センター部分はシンプルで無駄のない「フラットデザイン」。
PVC生地を使ってコストパフォーマンスを高めた、
汚れ防止用のシートカバーになります。

DIA-GT
トヨタ アルファード

カラー:アイボリー ステッチカラー:ゴールド

DIA-GT
ホンダ エリシオン

カラー:アイボリー ステッチカラー:ゴールド

DIA-GT
フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

カラー:ブラック ステッチカラー:シルバー

PVC生地カラー

コストパフォーマンスに優れたPVC生地です。
難燃性素材を採用。万が一タバコなどがカバー上に
落ちても燃えにくく、発火の可能性が低くなります。

PVC

ブラック(シルバーステッチ)

PVC

グレー(グレーステッチ)

PVC

アイボリー(ゴールドステッチ)

※モニターの特性上、表示されるカラーは
実際のカラーと異なる場合もございます。

DIA-GTDIA-GTDIA-GTDIA-GT

Gallery

センター部分にはダイヤをイメージさせる、クロスステッチをあしらった高級感溢れるデザインを採用。

ヘッドレストはダイヤ柄無しが標準です。ダブルステッチとシングルステッチ(DIAクロスステッチ部、アームレスト部等に使用)は、使用する縫製糸が異なりますので、色合いが多少異なります。

ラグジュアリーとコストパフォーマンスが高い次元で融合

機能性の高いシートカバーを追求

Dotty製品の特徴

立体採寸

立体採寸

複雑な曲面の採寸は、独自技術の三次曲面立体成形による、シートの形状に合わせた精密な型取り。

ベルト

固定ベルト

テンションがかかりやすく、引っ張りすぎによる切れを防止するゴム素材とナイロンベルトの2重構造。

ヘッドレスト

ヘッドレスト

固定具には見栄え、機能性が抜群のJフック方式を採用。(一部車種はマジックテープ方式)

シートベルトカバー

シートベルト

シートベルトの固定部は筒の形状に製作。機能性と高級感を持ち合わせたデザイン。(一部車種は未対応)

プラスチックパーツ

フチ処理

レバーやヘッドレストの周囲では、レザーが中に入り込むように設計。純正シートのような仕上がり。

エアーバッグ

エアバッグ

Dottyシートカバーはサイドエアバッグにも対応。当社独自のスーパースロー映像による動作実験を実施。

バックポケット

バックポケット

フロントシート裏部にはマップや小物の収納に便利なバックポケット標準装備。

Dottyタグ

Dottyタグ

フロントシート背面には信頼の証「Dottyタグ」が入ります。(一部の商品を除く)

Dottyロゴ

Dottyロゴ

フロントシート背面部に型押しDottyロゴを入れることができます。(無料オプション)

ダブルステッチ

ダブルステッチ

フチには耐久性に富んだダブルステッチを採用。

ダブルステッチのカラー変更(オプション)

ステッチカラー変更

DIA-GT
ステッチカラー

ダブルステッチに使用する縫製糸のカラーをお好みのカラーに変更することが可能です。
ステッチカラーを変更することで、ラインの美しさが引き出され、洗練されたデザインとなります。
(オプション・商品価格の10%アップ)
※モニターの特性上、表示されるカラーは実際のカラーと異なる場合もございます。

DIA-GT価格表

軽自動車1列¥28,000(税込¥30,800)軽自動車2列¥46,000(税込¥50,600)
国産車1列¥31,000(税込¥34,100)国産車2列¥47,000(税込¥51,700)
国産車3列¥58,000(税込¥63,800)国産車4列¥73,000(税込¥80,300)
国産車5列¥90,000(税込¥99,000)輸入車1列¥39,000(税込¥42,900)
輸入車2列¥50,000(税込¥55,000)輸入車3列¥65,000(税込¥71,500)

DIA-GT仕様

デザイン皮革素材スポンジ
厚み
ヘッドレスト穴フチ処理 すべり止
め素材
ウイング
ライン
柔らかさ
フィット性
DIA-GTPVC10mm
センター部(16mm)
加工済みダブルステッチ(※2)○(※1)

※1 車種により、シート形状の都合上「ウィングライン」がない場合もございます。
※2 車種により、形状やデザイン等の都合上、一部の縫製がシングルステッチになる場合もございます 。
※品質向上のため、予告なくシートカバーの形状細部を変更する場合もございます。
また、生地色の色味は、経過年数や生地切替え時などにより多少異なる場合もございます。
パーツ部位でご購入の際は、以前の色味とは多少異なる場合がございますことをご了承下さい。

d
Sed ut perspiclatis unde olnis iste errorbe ccusantium lorem ipsum dolor